モンテッソ−リ教育法を取り入れて
      子ども自らの育ちを援助しています!  
0〜6才のこの時期は『吸収期』とも呼ばれ「これなぁに?「どうやってやるの?」「自分でやりたい!」という意識が強く働く時期です。この時期に自分の手、指、体を精一杯動かして活動することは、思い通りに動くかせだをつくると同時に、健やかな精神を創ることにつながります。